元請ゼネコンや設計事務所、国・自治体のご担当者様へ

事前調査・入札前・落札後すべて対応

レベル1・2・3対応

国・地方自治体の関連施設向け修繕・解体工事におけるアスベスト除去工事や調査ならすべてヤシマ工業にお任せ下さい。

庁舎・学校・保育園・プール・競技場・公営住宅・団地・公立病院・公園・図書館・美術館・コミュニティーセンター・交流センター・福祉センター・消防施設・防災施設・水道施設・下水処理施設・水路・職業センター、その他の公共施設のアスベスト、すべてヤシマが対策します。

ヤシマ工業は公共工事におけるアスベスト対策に関してお客様ごとに最適化したソリューションをご用意しています。

入札に備え、下請けを探している元請ご担当者様

こんなお悩みを解決します

  • 希望する工期や予算で対応できる下請け先がなく困っている。
  • 除去や処分を業者別に手配するのが面倒。窓口を一本化したい。
  • アスベスト対策おける近隣対策や住民説明会の運営経験がない。
  • 自治体ごとに異なる手続きや書類届け出について、丸投げできる下請け先を探している。
  • 作業時のアスベスト飛散について、十分な対策を講じているか、コンプライアンス上の懸念がある。
  • 「アスベスト含有の仕上塗材(レベル3)の除去作業」など国の指針に精通した下請けを探している。
  • 解体中に想定外のアスベストが発覚。至急、再調査したい。
  • 耐震補強工事や設備工事に付随するアスベスト対策に強い下請けはないものか?

こんなお客様の不安をすべて解消!正しい診断と確かな施工 それがヤシマ工業のアスベスト対策です

「アスベスト対策について、わかる人間が社内にいない」、というご相談をよく頂きます。「アスベスト除去の実績はあるが、20年以上も昔の話。担当者の退職もあり、当時の情報が引き継げていない」、という企業様も少なくありません。

ヤシマ工業は「公共工事におけるアスベスト対策」に特化し、元請けのお客様に極力ご負担がかからないよう、準備から工事に至るまですべてお任せいただけます。ぜひ一度お問合せ下さい。

~ドリルで穴を開けたら建材内のアスベストが露出。どうすればいい?~~経年と共に塗膜がはがれ、内側のアスベストが飛散しそうだ!~

レベル1のアスベスト除去工事はもちろん急増するレベル2・3のアスベスト飛散リスク対策も完全対応 さらに

  • 大規模修繕とアスベスト対策
  • リノベーションやリニューアル工事とアスベスト対策
  • 解体工事とアスベスト対策

すべてヤシマにご相談ください

ヤシマ工業のアスベスト対策5つの特長

特長1 累計2000件超。30年の実績と確かな技術

国内でアスベストが初めて問題になった1987年以前から、2000件を超えるアスベスト対策に取り組み、国の指針をリードするほど深い知見と経験を有しています。

国内を代表するアスベスト対策のパイオニアとして高い技術力に裏打ちされた調査・分析や特許工法による除去工事を行います。ISO140001も取得済みです。

特長2  除去~処分までワンストップで対策

アスベスト除去工事、そして処分に至るまでワンストップ対応。窓口を一本化でき、貴社の管理コストや手間を大幅に削減できます。業務の大半を内製化したことにより魅力的な費用のご提案も可能です。またアスベストの事前調査・分析・診断にも強みがあります。

特長3 面倒な諸手続きや住民説明会もお任せ

自治体によって異なるアスベスト対策に関する手続きや書類作成もお任せ下さい。また運用が難しい「近隣対策」「住民説明会」においても豊富な実績があり、企画から実施・運用まで全てお任せいただけます。過去の事例や資料を用いて詳しくご説明しますのでぜひお問合せください。

特長4 国・自治体の指針に精通したプロ集団

国交省・厚労省・環境省、あるいは自治体の「石綿が含有された建築用仕上げ塗材に関する指針」に沿って適切に工事を行います。現場については社内の「石綿作業主任者」が現場代理人を務め、コンプライアンスを遵守し業務を遂行します。終了後の臨検もお任せ下さい。

特長5 徹底した安全管理・コンプライアンス遵守

作業着やマスク、機材など徹底した安全管理を行っています。衣類にアスベスト繊維が付着しても、決して外部に飛散しないよう、裸の上に「保護服」という専用着を着用して作業します。高価な作業着ですが、作業員1名あたり1日で3~4着も使い捨てにし、 アスベストの外部飛散を最大限防ぎます。 マスクも外気を99.7%カットする世界最高基準レベルのものを使用します。

元請のお客様のスムーズな入札活動をご支援いたします!

迅速にお見積りします。

ご連絡を頂いてから最短で当日の現地調査も可能。翌営業日にはお見積りを作成し、ご提案することも可能です。入札内容に沿った魅力的なご提案をいたします。

無駄のない工期

2000件超の経験に基づき、安全管理に配慮しつつ、無理・無駄のない工程を作成します。

入札準備も代行

アスベスト工事関連で入札迄に必要な書類の準備等はすべてお任せ下さい。

専門家ならではの情報提供

最新の工法や、対策トレンド、過去の類似事例についても情報提供いたします。写真や資料を使いわかりやすくご説明いたします。

アスベスト対策実績 官公庁や地方自治体から数多くのアスベスト対策を任されております。

ヤシマ工業アスベスト対策実績/用途別

建物用途 施工場所 所在地 石綿規模 単位 石綿レベル
庁舎 廊下・応接室・会計室・階段室・議場 千葉県成田市 272 レベル1
庁舎 機械室・階段室等 東京都千代田区 1,200 レベル1
庁舎 議場 千葉県山武郡 43 レベル1
庁舎 空調機械室 千葉県富里市 3 レベル1
浄水場 ポンプ棟 東京都港区 156 レベル2
浄水場 ポンプ棟 東京都港区 89 箇所 レベル2
浄水場 ポンプ棟 東京都港区 2 箇所 レベル2
浄水場 浄水場 栃木県大田原市 114 レベル1
浄水場 機械室 東京都武蔵野市 177 レベル1
浄水場 配水ポンプ室・滅菌室・排水ポンプ室 東京都府中市 544 レベル1
体育館 機械室・電気室 東京都葛飾区 373 レベル1
体育館 体育館 神奈川県厚木市 1,744 レベル2
体育館 アスレチックルーム・児童室 千葉県香取市 164 レベル1
体育館 体育館 東京都目黒区 1,632 レベル1
構内 東京都中野区 87 レベル3
ポンプ室 千葉県船橋市 33 レベル1
ポンプ室 千葉県市川市 56 レベル1

実績をもっと見る

アスベスト除去工事

アスベスト含有建材を使用した建物が、経年により続々と解体や改修工事を迎えています。平成29年5月には、国から「アスベストを含有する仕上塗材の除去等作業」について勧告もあり、事業者に向けてより徹底した安全管理への指導がなされました。

仕上塗材に含まれるアスベストは、セメント等で固定されているため、健全な状態では飛散する恐れはありません。しかし、建物の解体や改修工事で建材を破断した際に、飛散させてしまう可能性があります。「アスベスト含有建材を見落とした」、あるいは「適切な飛散防止措置をせずに、工事を実施した」というケースも散見しますが、いずれにしてもアスベストを扱う際は、適切な安全管理の下で作業を行わないと、人命を危険にさらす可能性があります。

ヤシマ工業はアスベスト処理のパイオニアとして30年以上、官公庁や自治体の庁舎や関連施設、学校、スポーツ施設、公営住宅、病院などで除去工事に従事してまいりました。様々な現場を経験してきたからこそ、アスベストのある場所を的確に判断し、万全の飛散防止対策のもと安全に最大限の配慮をして工事を行います。

~ドリルで穴を開けたら建材内のアスベストが露出。どうすればいい?~~経年と共に塗膜がはがれ、内側のアスベストが飛散しそうだ!~

レベル1のアスベスト除去工事はもちろん急増するレベル2・3のアスベスト飛散リスク対策も完全対応 さらに

  • 大規模修繕とアスベスト対策
  • リノベーションやリニューアル工事とアスベスト対策
  • 解体工事とアスベスト対策

すべてヤシマにご相談ください

対象建物

庁舎・学校・保育園・プール・競技場・公営住宅・団地・公立病院・公園・図書館・美術館・コミュニティーセンター・交流センター・福祉センター・消防施設・防災施設・水道施設・下水処理施設・水路・職業センター、その他、一般ビルやマンション・商業施設など(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造の建物に対応しています)

アスベストが確認される代表部位

屋根・外壁・外壁目地・軒天井・居室内天井・居室内壁・居室内床・鉄骨梁・柱・ベランダ・駐車場・エレベーターシャフト・煙突・給湯室・ボイラー室・機械室・水道管

なお、国土交通省HPの「目で見るアスベスト建材」に詳しく記載されています(PDFファイル)。

  • リリース
  • 資料PDF

代表的なアスベスト除去工法

アスベスト除去には、大きく分けて3種類の工法があります。ヤシマ工業では「除去工事」が大半を占めますが、状態や場所によっては一時的な処理である「封じ込め工法」も行っております。

【工法その1】除去工事

アスベストを完全に撤去する工法。建物からアスベストが完全に取り除かれるので、将来にわたって建物を安心して使用することができます。また、地震などの天災でアスベストが壁から剥落し周囲に飛散するといった危険も回避することができます。

【工法その2】封じ込め工事

薬剤を吹きかけてアスベストを硬化させ、飛散しにくい状態にする工法です。飛散防止対策としては機能しますが、アスベストは残っている状態のため、将来、解体する際には、改めて除去工事が必要になります。

【工法その3】囲い込み工事

アスベストの周囲を天井等の板材で覆い、隔離する工法です。封じ込め工事と同様、将来、解体をする際には、改めて除去工事が必要になります。

吹付け材や保温材の除去工事の参考費用(目安)レベル1・レベル2

アスベスト吹付面積 ㎡単価
アスベスト吹き付け面積300㎡未満 1㎡ 20,000~85,000円
アスベスト吹き付け面積300㎡~1,000㎡ 1㎡ 15,000~45,000円
アスベスト吹き付け面積1,000㎡以上 1㎡ 10,000~30,000円

※国土交通省公示価格による

※仮設工事、復旧工事は別途といたします。

石綿含有建材の除去工事の参考費用(目安)レベル3

アスベスト吹付面積 ㎡単価
300㎡未満 1㎡ 4,000~7,000円
300㎡以上 1㎡ 3,000~4,000円

※国土交通省公示価格による

※仮設工事、復旧工事は別途といたします。

封じ込め工法の参考費用(目安)レベル1・レベル2

アスベスト吹付面積 ㎡単価
アスベスト吹き付け面積 300㎡以上 1㎡ 13,000~20,000円

※仮設工事、復旧工事は別途といたします。

付随する関連業務

役所向け手続き(事前・事後)

事前の書類作成や届け出、さらに竣工時の書類や臨検対応など、アスベスト対策に必要な諸手続きについてもすべてお任せ下さい。

近隣対策・住民説明会の準備・運営

豊富な経験を活かし、スピーディに具体的なプラン立案を行います。関係各所への連絡や運営の準備や当日の運営もお任せ下さい。

業務の流れ(除去工事編)

1 お問合せ

  • お見積りや工期に関してまずはお気軽にお問合せください。
  • 最新の工法や事例についての情報提供などについてもお気軽にご連絡ください。

2 お見積り・ご提案

  • ご状況やご要望やお聞かせいただいた上で、現地確認に伺います。
  • お見積り、工期、その他工事に関する詳細についてご提案いたします。

3 ご発注、業務開始

4 各種届け出

  • アスベスト除去工事における必要書類を準備し、官公庁や労働基準監督署へ届けます。

5 現場準備

  • アスベストの外部への飛散を防ぐための準備を行います。
  • 除去作業の現場は、部屋全体をプラスチックシート(養生シート)で覆います。
    • アスベストの飛散を抑える「負圧集じん機(集じん効率99.97%のHEPAフィルター搭載)」を適所に配置します。
  • デジタル粉じん計も併用し、作業時のアスベスト濃度の推移も監視しています。
  • 作業場所と外部との間には、セキュリティールームを設置します。内部は更衣室・洗浄室・前室と役割ごとに分かれており、作業員が移動する際にもアスベストを外部へ持ち出すことのないよう、徹底して管理しています。
  • 住民説明会など近隣対策を実行します。

6 除去工事

  • 丁寧に除去していきます。
  • 除去した部分に硬化剤を塗布し、わずかに残る粉じんを固めて安全な状態にします。
  • 養生シートにも同様に硬化剤を塗布することで、飛散を防ぎます。

7 アスベスト回収・処分

  • 特別管理産業廃棄物のゴミ袋で厳重に封じ、専用の処理業者に引き渡します。
  • 管理型最終処分場で処分されます。

落札後でもOK!お早めにご連絡ください!

入札にあたり、いったんは下請け先に発注を出したが、コストや技術、管理面で懸念があり、再度探している、といったご相談も少なくありません。ヤシマ工業では短期間でのお見積りや工事準備が可能です。それも豊富な経験を持っているからこそできる技。ぜひ一度ご相談ください。

元請のゼネコン・工務店ご担当者

除去・処分のお見積り・ご相談

  • ●見積りや工期を知りたい
  • ●最新トレンドや事例、工法について知りたい

フリーダイヤル、あるいは下記オンラインお問合せフォームにてご連絡ください。
アスベスト対策専門チームから翌営業日までにご連絡をいたします。

オンライン専用フォーム

アスベスト対策相談ダイヤル

0120-840-500